MODX Evolution 1.0.5J-r9をリリースしました

2011年12月5日 23時45分 shortlink:http://modx.jp/?id=787

管理画面を整備し、リソース一覧の操作を改善しました。これにより、同じ階層内に多数のページを持つブログのようなコンテンツを管理しやすくなっています。また、管理画面内の画面遷移を見直し、オーサリングツールとしての使い勝手を向上させました。

新着情報やブログの管理は、これまでMODXが苦手とするところでしたが、今回の改善で、ある程度の克服が可能です。もともとDittoは強力なリスティング制御が可能なスニペットですが、今回の改善で真価を発揮できるようになります。

こまめなバックアップを手軽にしやすいように、バックアップマネージャーにスナップショット機能を追加しました。ワンクリックでバックアップをとれますので、気軽にご利用ください。Windowsの「システムの復元」のように、任意のポイントに戻すこともできます。

また、値が不安定で用途が分かりにくかった[*publishedon*]の処理を修正しました。publish(公開)された日時を記録します。従来は編集のたびに更新されたりゼロになったりしていました。今回の改善では、非公開に戻した時以外は[*publishedon*]を変更しないようにしています。

r8の改善では、ダッシュボードやログイン画面のカスタマイズの自由度を高めましたが、今回はスニペットコールなどのMODXタグを用いることができるようにしました。たとえば、ダッシュボードで「最近更新されたリソースの一覧」をDittoで出力することができます。この方向性の改善は今後も継続し、管理画面の各部においてMODXタグを用いたカスタマイズができるようにしていく予定です。

■MODX Evolution 1.0.5J Revision9 ダウンロード
http://code.google.com/p/modx-ja/downloads/detail?name=modx-1.0.5J-r9.zip

※注意

http://forum.modx.jp/viewtopic.php?f=7&t=706
当バージョンには、ルート直下に新規ページを追加した時にエラーが表示される不具合があります。

http://forum.modx.jp/viewtopic.php?f=7&t=706#p3919
上記のパッチで回避できますので、これを上書きしてください。

アップデートの手順

http://modx.jp/docs/update.html

上記を参照してください。

注意事項

管理画面内でのコンテナタイプのリソースの操作方法や画面遷移の流れが変わりました。基本的な使い勝手が変わりますので、請負など他者にシステムを提供している場合は特に注意してください。

変更内容

不具合修正

改善

不具合報告・改善要望について

フォーラムまたは問い合わせフォームを通じてご連絡ください。

主な改善内容

▲「リソースの詳細」画面を調整し、サブリソース一覧の実用性を高めました。グローバル設定を変更すると、100以上のリソースを持つ階層では、サイトツリーではサブリソースの表示を省略します。リソース移動操作を行なうために、コンテナ属性を持つリソースは表示されるようにしています。

▲一覧画面にはコンテキストメニューを実装しました。サイトツリーで表示されないサブリソースは、一覧画面のコンテキストメニューを用いて今までと同様のリソース操作ができます。

▲複数のリソースを任意に選んで一括移動できます。削除・公開・非公開などの操作を追加していく予定です。

今回のサブリソース一覧画面を優先的に使いたい場合は、グローバル設定で上記のように設定します。「自動」にすると、コンテナ属性を持つリソースをクリックすると一覧画面を、通常のリソースをクリックするとリソース編集画面を表示します。

スナップショット機能を追加しました。データベースのバックアップを、サーバ側に置くことができます。また、これを読み取って手軽に任意のポイントに戻すことができます。Windowsの「システムの復元」、Mac OSXの「タイムマシン」のようなものです。

▲ファイルマネージャーでmanagerディレクトリを表示できるようにしました。従来は「manager」という名前のディレクトリであれば表示しない処理になっており、assets/templates/manager/ ディレクトリにもアクセスできませんでしたが、これも修正しています。

ファイルマネージャーでは、実験的にトークンチェック方式の脆弱性対策を採用しました。現在のEvolutionでは、管理画面のXSS脆弱性対策としてリファラチェック方式を採用していますが、これは万全ではありませんし、ブラウザやネットワークなど、環境によっては副作用があります。いずれは管理画面全体をトークンチェック方式に差し替えていく予定です。

次回リリースについて

仕様が整理されていないために同梱をとりやめていたBreadcrumbsスニペットを、復活させる予定です。現時点でほぼ改善できているのですが、細部に問題があり間に合いませんでした。

以上、ご意見ありましたらフォーラムまたは問い合わせフォームからフィードバックをお願いします。フォーラムやブログ、Twitterなどで寄せられた要望はこまめに拾って対応しておりますので、気軽に要望いただければ反映に努めたいと思います。

PR

  • KAGOYA
  • ASP at AKIHABARA Japan
  • CMS AWARDS 2007 Winner
ページトップへ