MODx Evolution 1.0.3 日本語版Revision2をリリースしました

2010年6月1日 00時00分 shortlink:http://modx.jp/?id=782

毎月定例の日本語版のリビジョンアップを1.0.3J-r2としてリリースします。本家SVNの最新リビジョン6943までの更新を取り込み済みです。

【注意1】 AjaxSearch の出力仕様やパラメータが各部変更されています。すでにAjaxSearchを運用している場合はご注意ください。詳細についてはサポートフォーラム及び同梱のドキュメント、サンプルコンテンツなどを参考にしてください。

【注意2】 ヘルプに誤字があります。そのままコピペすると動かないので注意してください。(リリース後に分かりました)
スニペットコールの例示として [[Wayfinder&startId=0&hideSubMenus=true]] と記述していますが、
正しくは [[Wayfinder?startId=0&hideSubMenus=true]] です。

http://code.google.com/p/modx-ja/modx-1.0.3J-r2.zip
▲ダウンロードはこちらから。

今回のバージョンでは、MySQL4.0環境でのアップデートができるようになっています。新規インストールに関してはもともと問題ありません。

http://code.google.com/p/modx-ja/update-modx-1.0.3J-r2.zip
▲今回よりコアのみのアップデータ(0.9.6.2以降が対象)を提供します。上記からどうぞ。managerフォルダをそのまま上書きし、管理画面にログインしてください。
コアのみのアップデートの場合、理論的にはデータベースのバックアップをとる必要はありませんが、念のためにバックアップをおすすめします。もしアップデートで不具合が生じた場合は、元のバージョンのmanagerフォルダを上書きし直せば元に戻ります。
(※転送時のファイル破損の報告が時々あります。元に戻す前に同フォルダを再転送してみることをおすすめします)

また、今回のバージョンにはセキュリティ対応が2件含まれています。そのうち1件は、管理者が意図しない出力(管理画面内で)を強要されるSQLインジェクションの脆弱性として、別途、公式にアナウンスするかもしれませんが、機密データを勝手に引き出したり重要なデータを書き換えられることはありません。

セキュリティ対応(本家開発)

不具合対応(本家開発)

改善・機能アップなど(本家開発)

日本語版としての改善・不具合対応


▲インポート機能を機能強化

インポート機能を大幅に強化しました。通常はテンプレートがあることを前提にbody要素のみインポートしますが、MODxはテンプレートを用意せずにリソースをそのまま出力することもできるので、htmlファイルをまるごと取り込むモードを追加しました。このモードでインポートしたリソースをTinyMCEなどのWYSIWYGエディタで開くとデータが書き換わることがあるため、まるごと取り込んだリソースの「リッチテキストで編集」プロパティを当機能は自動的にオフにします。

また、ShiftJISやEUC-JPなどで作られたページは自動的にUTF-8に変換します。metaタグのcontent/charset属性も書き換えます。

想定どおりの取り込みにならなかった時に何度でも試せるように、リソースを全て初期化することができます。リソースIDも1から始まるようリセットされます。

その他、いくつかのバグを修正しました。これで完全というわけではありませんが、より少ない作業量で既存サイトをCMS化できるようになりました。


▲TinyMCEのダイアログのポップアップ方式を変更

同梱TinyMCEのポップアップダイアログの開き方を変更しました。動作が多少軽くなります。

サポート

http://forum.modx.jp/viewforum.php?f=61
上記でサポートを受け付けます。不具合や改善要望などがあれば上記でご連絡ください。フォーラムで相談しにくい内容は問い合わせフォームを利用してください。サポート対応はMODxの改善につながりますので、開発している私達にもメリットがあります。対応できる時間が限られていることもありますが、遠慮なく相談してください。

アップデートの手順

http://modx.jp/news/evolution/20131234.html

解説ページをまだ用意していないため、上記を参照してください。アップデートを始める前に必ずデータベースのバックアップをとりましょう。

既知の障害情報

http://forum.modx.jp/viewtopic.php?f=61&t=270&start=10#p2052
こちらをご覧ください。

次回リリースについて

次回のリビジョンアップは7月1日(木曜日)を予定しています。今回の改修はブログ型コンテンツの実装を目標としています。

PR

  • KAGOYA
  • ASP at AKIHABARA Japan
  • CMS AWARDS 2007 Winner
ページトップへ