MODX Evolution 1.0.21J をリリースしました

2018年12月31日 20時00分 shortlink:http://modx.jp/?id=1066

MODX Evolution 1.0.21Jをリリースしました。PHP7.2で動作するように修正を行ないました。

ダウンロード

http://modx.jp/download/download_evo.html
上記からダウンロードしてください。

アップデートの手順

http://modx.jp/docs/update.html

上記を参照してください。

変更内容

新しいAPI

改善

修正

更新

トピックス

PHP7.2に対応

PHP7.2に対応しました。12月6日にリリースされたばかりのPHP7.3に関しては次のリリースで検証を行ないます。今回の1.0.21JはPHP7.3でもほぼ問題なく動作する想定ですが、もし何か問題があれば問い合わせフォームやフォーラムでご連絡ください。(問い合わせフォーム推奨)

新Config [(recent_update)]

新しいセッティング変数として$modx->config['recent_update'] を追加しました。この値はMODXにとっては前身のEtomiteの時代から重要なもので、キャッシュ出し分けの判定に用いられています。この値をAPIとして提供します。

テンプレートワークで使うケースはあまりないと思いますが、

[(recent_update:dateFormat(Y年m月d日 H時i分s秒))]

と書けばサイトの更新日時を表示できます。

今後の開発方針について

前回アナウンスと同様、MODX Evolution日本版は今後も開発を継続します。バージョンは1.0.xベースで推移し、xの番号が上限を定めず増加します。将来的には開発の主軸をEvolution CMSに移行する方向で調整を進めています。

これとは別に、MODX Evolutionのパースエンジンの考え方を継承した新しいCMSを新規開発することを検討しています。いくつか理由があってMODXからのアップグレードは考慮していませんが(廃止すべき仕様がいくつかあります)、MODXの扱いに習熟していてPHPの読み書きのスキルもあるチームであれば、新規作成で快適にサイトを組み立てられるものを考えています。興味のある方は問い合わせフォームからご連絡ください。

その他

気付いた点があればフォーラムまたは問い合わせフォームからフィードバックをお願いします。開発に参加して自ら機能追加・改善などを行なってみたい方もお気軽にご連絡ください。

PR

  • KAGOYA
  • ASP at AKIHABARA Japan
  • CMS AWARDS 2007 Winner
ページトップへ