MODX Evolution 1.0.14J-r4 をリリースしました

2014年9月5日 20時30分 shortlink:http://modx.jp/?id=1008

MODX Evolution 1.0.14J-r4をリリースしました。今までのバージョンとは異なるパース処理になっています。

ダウンロード

http://modx.jp/download/download_evo.html
上記からダウンロードしてください。

アップデートの手順

http://modx.jp/docs/update.html

上記を参照してください。

変更内容

新機能

改善

不具合修正

トピックス

パーサの処理を改善

パーサの処理を改善しました。複雑に入れ子になったタグの記述を正確・高速に処理します。

ただし、もともとイレギュラーな記述でたまたま問題なく動作していた場合や、古い仕様のスニペットやプラグインなどを動作させている場合は、うまくいかないことがあります。PHxプラグインが関係する記述を意図どおりに解釈できない場合は、グローバル設定の「Output Filter」を無効にしてください。

上記の3つのプラグインは、複雑な方法で機能を実現しています。そのため、負荷が高くなったり、他の拡張機能との相性問題を引き起こしたりすることがあります。現在ではこれらの機能の大半をMODX本体が実装しています。

条件付きGETに対応

条件付きGETに対応しました。グローバル設定で有効無効を切り替えることができます。当サイトは条件付きGETが有効な状態で運用しています。

「サブリソースの一覧」を改善

「サブリソースの一覧」と「リソースの詳細」の画面を分離しました。ルート直下のリソースから一覧を表示できるため、リソースツリーを表示しない状態でもリソースの管理操作ができます。

エクスポート機能の処理を改善

エクスポート処理を正確に行えるように処理を整理しました。これまでは、タイムリミットを60秒に設定していても、数分待ってもサーバがフル稼働のまま処理が終わらないことがありました。また、URLの正規化を行なうプラグインをインストールしている場合はエクスポートできないことがありましたが、これを修正しました。

インストーラ改善

インストーラの処理を全体的に整理しました。

その他

気付いた点があればフォーラムまたは問い合わせフォームからフィードバックをお願いします。開発に参加して自ら機能追加・改善などを行なってみたい方もお気軽にご連絡ください。

PR

  • KAGOYA
  • ASP at AKIHABARA Japan
  • CMS AWARDS 2007 Winner
ページトップへ