MODX Evolution 1.0.14J-r2 をリリースしました

2014年7月27日 11時00分 shortlink:http://modx.jp/?id=960

ダウンロード

http://modx.jp/download/download_evo.html
上記からダウンロードしてください。

アップデートの手順

http://modx.jp/docs/update.html

上記を参照してください。

変更内容

不具合修正

改善

トピックス

ロゴマークが変わりました

ユーザ情報を出力するPHxモディファイアを追加しました

テンプレート変数 [*createdby*](記事新規作成者) [*editedby*](記事更新者) [*publishedby*](記事公開者)で利用できるPHxモディファイアを追加しました。これまでも [*createdby:userinfo=`email`*] などとして目的の情報を出力することができていましたが、さらに直感的に扱えるようにしました。

旧 [*createdby:userinfo=`email`*]
新 [*createdby:email*]

※[*publishedby*] は管理画面内で公開操作を行なった場合のみ記録されます。通常は値が記録されません。

ユーザ情報型テンプレート変数の出力値を調整

[*createdby*](記事新規作成者) [*editedby*](記事更新者) [*publishedby*](記事公開者)を記述すると従来は該当ユーザのユーザIDを出力していましたが、IDでは誰であるかが分からないため、usernameを出力するようにしました。従来どおりユーザIDを出力したい場合は [*createdby:id*] などと記述してください。
※[*publishedby*] は管理画面内で公開操作を行なった場合のみ記録されます。通常は値が記録されません。

日時情報型テンプレート変数の出力値を調整

これらのテンプレート変数で YYYY/mm/dd 形式で日時を出力するように変更しました。従来はUNIXTIME形式で値を出力していました。従来どおりUNIXTIME形式の値を出力したい場合は[*createdon:unixtime*]などと記述します。

その他

気付いた点があればフォーラムまたは問い合わせフォームからフィードバックをお願いします。開発に参加して自ら機能追加・改善などを行なってみたい方もお気軽にご連絡ください。

PR

  • KAGOYA
  • ASP at AKIHABARA Japan
  • CMS AWARDS 2007 Winner
ページトップへ