MODX Evolution 1.0.13J-r1 をリリースしました

2014年5月13日 14時00分 shortlink:http://modx.jp/?id=951

MODX Evolution 1.0.13J-r1をリリースしました。不具合修正を重点的に行なっています。

ダウンロード

http://modx.jp/download/download_evo.html
上記からダウンロードしてください。

変更内容

不具合修正

新機能

アップデート

変更

トピックス

用語を変更しました

テンプレート変数まわりの用語を変更しました。これまで「入力タイプ」「ウィジェット」と呼ばれていたものは、今後はそれぞれ「入力フォーム」「プロセッサ」になります。
特にウィジェットに関してはMODX開発当初の想定とは違った方向に利用されるようになっており、現状に合わせて変更しました。PHxと同様の機能ですが、PHxと比べると、加工済みの値をAPIを通じて取得できる点が異なります。

http://modx.jp/docs/tags/tv.html

入力フォーム・プロセッサの詳細については上記をご覧ください。

テンプレート変数の既定値

テンプレート変数の既定値として@Bindingsを利用することができますが、投稿画面上では@Bindings文字列そのものが値として表示されるため、MODXの機能に詳しくない投稿担当者には意味が分からず、実用上の問題がありました。

@@EVAL return date('Y年m月d日H時i分');

新機能として、テンプレート変数の既定値のEVAL Bindingsに関して上記のような書式を追加しました。このように@を2つ重ねて記述することで、展開済みの値を投稿画面のフォームの既定値として出力することができます。

その他

気付いた点があればフォーラムまたは問い合わせフォームからフィードバックをお願いします。開発に参加して自ら機能追加・改善などを行なってみたい方もお気軽にご連絡ください。

パッケージ内容に問題があったため、5月13日にファイルを差し替えました。10日から13日の間にダウンロードを行なった場合、ダウンロードし直してmanagerディレクトリを上書きしてみてください。

PR

  • KAGOYA
  • ASP at AKIHABARA Japan
  • CMS AWARDS 2007 Winner
ページトップへ