MODX Evolution 1.0.5J-r8をリリースしました

2011年11月7日 09時00分 shortlink:http://modx.jp/?id=772

グループ管理機能の改善・PHP5.3対応・ログイン画面やダッシュボードカスタマイズ対応の改善・IE対応・インストーラ改善・エクスポート機能の改善などを行ないました。

▲ログイン画面カスタマイズ例

注意事項

jqueryを最新版に更新しました。必須ではありませんが、QuickManager・ManagerManagerのjquery読み込み設定の更新を推奨します。

当バージョンではPHP5.3対応を強化しています。PHP5.3へのアップデートをアナウンスしているレンタルサーバが数社あることを確認していますが、PHP5.3にアップデートする前にMODXを当バージョンにアップデートすることをおすすめします。

変更内容

不具合修正

改善

不具合報告・改善要望について

フォーラムまたは問い合わせフォームを通じてご連絡ください。

アップデートの手順

http://modx.jp/docs/update.html

上記を参照してください。

主な改善内容

▲/assets/js/ディレクトリ内の不要ファイルを削除しました。

▲エクスポート時にファイル中の任意の文字列を置換できるようにしました。baseタグの書き換えに用いると、ホストが異なるステージング環境との行き来に便利です。

▲ログイン画面のカスタマイズ方法を改善しました。上記はカスタマイズ例です。

従来は /assets/templates/manager/login.html を書き換えることでログイン画面をカスタマイズしていましたが、MODXをアップデートする際に誤って上書きしてしまう可能性があります。これを防ぐために、プラグインでカスタマイズできるようにしました。

まず「ログイン画面」など任意の名前でチャンクを作り、login.htmlをテキストエディタで開き、内容をコピーして貼り付けて保存します。このチャンクの内容をカスタマイズしてください。

global $tpl;
$tpl = $modx->getChunk('ログイン画面');

次に、上記のようなプラグインを作ってOnManagerLoginFormPrerenderイベントにフックして保存します。プラグイン名は何でもかまいません。

上記のようにチャンクをストレージとして用いる場合は、カスタマイズコード内ではPHP文などのロジックを記述することはできません。動的出力が必要な場合は、プラグイン内でsetPlaceholder関数を用いてプレースホルダを作成してください。または、$modx->getChunk関数を用いずinclude関数を用いてファイルから読み込むようにすれば、普通にPHP文を使うことができます。

カスタマイズコードの呼出元がプラグインなので、ブラウザや曜日・時間帯など条件によって動的にデザインを変更することも可能です。

global $tpl;
$tpl = $modx->getChunk('ログイン画面');
$tpl = $modx->parseDocumentSource($tpl);

$modx->parseDocumentSource関数の処理を通すと、スニペット・チャンク・リンクタグなども使えるようになります。

▲同様の手順で管理画面ダッシュボードのデザインを変更できます。

▲HTMLコードをまるごと書き換えることができるので、レイアウトも自由にできます。

「ダッシュボード」など任意の名前でチャンクを作り、/assets/templates/manager/welcome.html の中身を貼り付けます。これをカスタマイズ元とするとよいでしょう。

global $tpl;
$tpl = $modx->getChunk('ダッシュボード');

次に、上記のような内容のプラグインを作ってOnManagerWelcomePrerenderイベントにフックします。

ログイン画面の場合と同じように、$modx->parseDocumentSource関数を通せばスニペットやチャンクなどが使えるようになります。

▲グループに所属するリソースのアイコンイメージを揃えました。それぞれコンテナかどうかの違いだけですが、アイコンのイメージが違うと複雑に感じられます。

▲Wayfinderに &showPrivateパラメータを追加しました。従来はウェブユーザ領域として設定したリソースの情報を取得できなかったため、Wayfinderを会員制サイトの構築に用いることができませんでしたが、&showPrivateパラメータを用いると取得できるようになります。

▲アップデート時に、アップデートの必要があるエレメントのみを列挙するように変更しました。従来はバージョンが変わってないものも全て列挙していたので、重要なアップデートを見逃すことがありました。

▲PHP5.3環境でmagic_quotes_gpcを有効にしている場合に、リソースなどを更新するたびにダブルクォートの直前にバックスラッシュ(または半角の¥)が付加される不具合があったため、修正しました。

もともとmagic_quotes_gpcを有効にして運用しているケースで、PHPを5.3にアップデートするとこのような状態になります。デフォルトでmagic_quotes_gpcが有効になっているさくらインターネットなどを始め、これに近いケースは多いと考えられますので、PHP5.3にアップデートする予定がある場合は、早いうちに当バージョンへのアップデートを推奨します。

次回リリースについて

現在のところ来月はリリースを行なう予定はありません。Github移行や1.0.6リリースに向けた本家開発チームとの調整を優先します。

以上、ご意見ありましたらフォーラムまたは問い合わせフォームからフィードバックをお願いします。

PR

  • KAGOYA
  • ASP at AKIHABARA Japan
  • CMS AWARDS 2007 Winner
ページトップへ