MODX Evolution 1.0.5J-r10をリリースしました

2011年12月22日 22時22分 shortlink:http://modx.jp/?id=793

キャッシュの仕組みを改善し、ページ数が多いサイトで表示が重くなりにくいようにしました。DB接続のキープにも工夫を加え、負荷に強い運用が可能です。

コードを整理したことでアーカイブの軽量化が進み、当バージョンのサイズは1.7MBです。

■MODX Evolution 1.0.5J Revision10 ダウンロード
http://code.google.com/p/modx-ja/downloads/detail?name=modx-1.0.5J-r10.zip

アップデートの手順

http://modx.jp/docs/update.html

上記を参照してください。

注意事項

■PHP4対応について

今回より、PHP4対応について注意が必要です。

http://code.google.com/p/modx-ja/downloads/detail?name=autoload.zip
PHP4環境でMODXを運用する場合は、autoload.phpを上記URLからダウンロードし、MODX設置ディレクトリにコピーしてください。

<?php
include_once(dirname(__FILE__) . '/assets/upgradephp/upgrade.php');

autoload.phpの中身はこのようになっており、upgrade.phpを読み込みます。upgrade.phpは、現在のMODXで必要な関数・定数のみをまとめたものをあらかじめ同梱しています。

■リリース後に見つかった不具合について

MODX Evolution 1.0.5J-r10において、グローバル設定「デフォルトテンプレート」の3つの選択肢「グローバル」「ペアレント」「シブリング」のうち「シブリング」を値として選んで保存できない不具合があることが分かりました。 この問題を修正するパッチファイルを配布します。

http://code.google.com/p/modx-ja/downloads/detail?name=mutate_settings.dynamic.zip 上記からダウンロードしたアーカイブを解凍し、 /manager/actions/ ディレクトリ内に上書き転送してください。 管理画面のグローバル設定を開き設定を更新すれば修正完了です。

変更内容

不具合修正

改善

不具合報告・改善要望について

フォーラムまたは問い合わせフォームを通じてご連絡ください。

主な改善内容


▲グローバル設定に[(resource_tree_node_name)]を追加しました(Revolutionと同じ)。


▲設定を変更すると、上記のようにノードのタイトルが変わります。


▲ログイン直後はリソースツリーのソート順変更ブロックの初期値が「ディレクトリ・昇順」になっているため、修正しました。初期値の表示がこのようになっているだけで、実際にはメニューオーダー・昇順になっています。また、サイトツリーという表現を「リソースツリー」に改めました。本家もそのようにしています。


▲グローバル設定に[(cache_enabled)]を追加しました。従来は日本語版において隠しオプション[(cacheable)]として実装していたものです。


▲ファイル管理画面のナビゲーションをパン屑リスト方式に変更しました。


▲ファイル管理画面でテキストファイルを新規作成できるようにしました。


▲キャッシュの管理方式を改善しました。従来の仕様では、フレンドリーエイリアスが有効な設定でページ数が数千ページに及ぶと、ナビゲーションの出力に時間がかかることがありました。今回の改善では、内部処理をキャッシュとして保存し、二度目のリクエストからはキャッシュから値を取得します。また、リソースを更新保存する時、エイリアスや公開状態を変更していない場合はサイトキャッシュを更新しないようにしました。


▲ファイルアップロードサイズ上限の初期値が1MBになっていたため、3MBにしました。この設定が反映されないサーバが多いはずですが、反映されるように調整されているサーバもあります。


▲公開開始日時・公開終了日時の設定が優先されて公開ステータスを変更できないことがあるため、公開ステータスを変更する場合は両方の値をリセットできるようにしました。非公開にしたつもりなのに公開されたままになっている、などの事故を防ぎます。


▲これまで日本語版において隠しオプション[(smart_suffix)]として実装していたものをグローバル設定に盛り込み、エイリアス名にドットを含めた場合(feeds.rssなど)、プレフィックス設定を無視できるようにしました。コンテントタイプと連動させるほうがスマートですが、次回以降の課題にします。
※コンフィグ名は[(suffix_mode)]に変更しています。


▲リソースやエレメントを複製した時のタイトルを日本語化しました。書式は言語ファイルで指定しています。


▲TinyMCEのリンクリストをキャッシュ制御に対応させ、軽快に読み込めるようにしました。リソースIDを表示し、似たようなタイトルが並ぶ場合でも判別しやすくなっています。


▲システムイベントの選択状態を分かりやすくしました。


▲インストーラのデザインをRevolution2.2のインストーラデザインに合わせました。

次回リリースについて

今回はBreadcrumbsスニペットの同梱を復活させる予定でしたが、間に合いませんでした。期待していた方には申し訳ありません。次回以降に持ち越したいと思います。

他、ご意見ありましたらフォーラムまたは問い合わせフォームからフィードバックをお願いします。フォーラムやブログ、Twitterなどで寄せられた要望はこまめに拾って対応しておりますので、気軽に要望いただければ反映に努めたいと思います。

PR

  • KAGOYA
  • ASP at AKIHABARA Japan
  • CMS AWARDS 2007 Winner
ページトップへ