MODx 1.0 (Evolution) 日本語版の開発状況・続報

2009年5月21日 00時58分 shortlink:http://modx.jp/?id=104

http://modx.jp/news/evolution/20190623.html
MODX Evolution 1.0.22J 正式版をリリースしました。詳細については上記をご覧ください。

MODx Evo ベータ2の開発の現状報告です。本家のほうでも開発が本格的に始まったようで、今まで着手していなかったチケット(課題)の見直しの段階に進んでいます。簡単な改修については着々と進んでおり、日本語版でも本家のアップデートを逐次反映しながら開発を進めています。

http://code.google.com/p/modx-ja/issues/list

日本語版における改修状況は上記で確認できます。Statusの列が「Fix」になっているものは、すでに実装が済んだものです。ただし、とりあえず実装はしましたが、これらが日本語版において実際に採用されるかどうかは現時点では分かりません。個々の実装単位について簡易な投票(レビュー)を経て、特に問題ないと見られるものが採用されます。メールの文字化け対応はまだしっかりと確認がとれてませんが、次のベータ2までには間に合わせる予定です。ベータ2は、できれば本家のベータと足並みを合わせて公開したいと思います。本家のほうがスケジュールを確定できてないため、いつ頃になるかはまだ分かりません。

チームでは、開発協力者を引き続き募集しています。ユーザとしても、自分が求めるMODxを育てるために意見を出せることは意義あることだと思いますし、技術の有無に関わらず気軽にご連絡いただければと思います。

以下、code.googleでは伝わりにくいビジュアル面の改修について一部紹介します。

ログイン画面については、上記のようにすっきりしたデザインにまとめてみました。ささやかなセキュリティ対応として、「MODx」文字列をエンティティ表現とし検索エンジンに拾われにくくしています。実際にはGoogleやYahooなど大手の検索エンジンはCMSのログイン画面をインデックスしない様子ですが。

フォームについて、現在並行して開発が進んでいるRevoと雰囲気を少し合わせてみました。

日時表記については、まだ一部ではありますがこのようにしました。18-05-09では何年何月何日なのかピンときませんが、2009/05/18なら分かりやすいのではないかと思います。今回は日本語版としての対応ですが、実際には本家版は管理画面内での日付の書式が統一されておらず、英語圏のユーザも混乱しているのではないかと感じます。この改修も本家に提案できればと考えています。

フォントに関して、可読性に優れているVerdanaを採用しました。

違いが分かりにくいかもしれませんが、アイコンのデザインを少し変更。

ドキュメントツリーのソートのUIがフォントが小さかったため大きくしました。

その他、気付いた範囲でデザインを調整しています。これらは本家にも提案します。

最新の状態はSVNからエクスポートし、ファイル上書きのみで反映させてください。DB構造は変わってないので、今回のベータ間においてはアップデートインストールはしないほうが無難です。

PR

  • KAGOYA
  • ASP at AKIHABARA Japan
  • CMS AWARDS 2007 Winner
ページトップへ